本文へスキップ

おせち料理の歴史/おせち料理や七草がゆなどの基礎知識

お正月 料理

おせちの基礎知識HEADLINE

おせち料理の歴史


お節の語源としては中国から伝わった五節供の行事が奈良時代の朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供と言った。

現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであった。

五節句の行事は江戸時代には庶民にも広まったが明治6年太政官布告によって朝廷の行事としては廃止された。

また五節供のうちの人日は陰暦1月7日であったが新暦採用により約一か月ほど早まることになった。

江戸時代、関西では「蓬莱飾り」江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛り」と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりした。

傍廂(1853年)によれば天明の頃までは食べていたがそれ以降は飾るだけとなり食べなくなっていき、正月料理は重詰め等へと変化していく。

のちの「東京風俗志」(明治34年)によると煮物のお膳料理を「おせち」、祝い肴を重詰めしたものを「食積」と呼んでいる。 現在は重箱に詰めた正月料理をお節と呼ぶようになった。




お正月