本文へスキップ

おせちの基本/おせち料理や七草がゆなどの基礎知識

お正月 料理

おせちの基礎知識HEADLINE

おせちの基本


御節料理の基本は、お屠蘇、雑煮、祝い肴三種(三つ肴、口取り)、煮しめ 酢の物、焼き物である。

地方により、三つ肴、雑煮、煮しめの内容は異なる。 祝い肴の内容は関東では 黒豆、数の子、田作り(ごまめ)、関西では たたきごぼう、数の子、田作り(ごまめ)または黒豆となる。

また関西ではにらみ鯛といって三が日の間は箸をつけずににらむだけの御頭つきの鯛の焼き、重箱に詰めて供される。一般的には、御節料理とは、献立すべてを指すのではなく、重箱詰めされた料理のみを指す。

重箱に詰めるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものである(同様の意味合いから、雑煮もおかわりをするのが良いとされている)

一つ一つの料理は、火を通したり干したり、あるいは酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちする物が多い。

これは、火の神である荒神を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代後期からの風習により、正月には台所仕事をしないからである。

実際には、女性を正月位は休ませるためという意味合いもある。

現在では、食品の保存技術も進んだため、生ものや珍味のほか、中華料理、西洋料理など多種多様な料理を重箱に詰めて供することも多い。

また、これらの御節料理を宅配サービスを前提とした食料品店、百貨店、料亭、インターネット上の店舗が販売し、買い求める人々も増えている。





お正月