本文へスキップ

重詰め/おせち料理や七草がゆなどの基礎知識

お正月 料理

おせちの基礎知識HEADLINE

重詰め


江戸時代には御節料理とは別に、食積(くいつみ)という重箱に酒肴を盛り合わせる新年の装飾が行われており、やがてこの重箱に本来、本膳料理であった煮染めを中心とした料理が詰められるようになり、食積と御節の合体化が進んだ。

重箱に御節を詰める手法が完全に確立した時期は、第二次世界大戦後であり、デパートなどが見栄えの良い重箱入りの御節料理を発売したこととも言われている。

御節料理の重詰めには五段重を使うが、近年では省略され三段重が利用される場合が多い。

重箱に詰める意味は、めでたさを「重ねる」という意味で縁起をかついだものである(同様の意味合いから、雑煮もおかわりをするのが良いとされている)。

重箱は上から順に一の重、二の重、三の重、与の重、五の重と数える。四段目が与の重(よのじゅう)と呼ばれるのは四(し)が死を連想させ縁起が悪いと考えられているためである。

詰め方は地域や家風によっても異なるがおおむね以下のようになっている。

なお、四段重が正式であるといわれる場合もあるが、これは控えの重(五の重)を省略した形である。

重詰めの形式は、市松、段どり、博多、七宝などの形がある。江戸風のお重は隙間なく詰める習慣があり、関西では裏白や南天などを飾りつけながらふんわりと散らしながら詰める事があるが、最近はその限りではなく、販売している関西風・京風お節も隙間なくキッチリと詰めて販売しているのがほとんどである。





お正月